天然無垢材の日本産の収納家具情報

天然無垢材の注文住宅をマイホームにしている人の中には、建築木材と同じ材料を活用して、作りつけ家具を製作してもらう事があります。作りつけ家具ならではの利点は、地震発生時の転倒防止効果が注目されがちですが、天然無垢材の素材のクオリティも見逃せません。なぜならば、国産の木材というのは、日本の気候風土の中で育っているので、日本の気候風土に馴染みやすく、さらには害虫に対する忌避効果も強いからです。特に国産の木材を使用している注文住宅の場合には、同じ素材で家具を揃えることにより、屋内のインテリア性も格段に向上させられるという効果が得られます。天然無垢材にこだわりを持つようになると、日本産の収納家具情報の見方にも変化が出てきます。

どのような木材を使用しているのか、という使用原材料情報もチェックするようになるからです。使用原材料の項目の中には、木材だけではなく釘や接着剤の名称も記載している場合があります。日本産という表記だけではなく、国産木材を使用しているという表記があると、害虫対策にも効果が期待できます。別の言い方をすると、害虫対策がしっかりしていない家具を安易に購入して設置してしまうと、家具の木材内部に生息していた虫が外に出て来てしまう、という被害の発生が懸念されるのです。輸入木材の家具のなかには、木材の中に虫が生息していたり、木材の中に虫の卵が存在していたりすることがあります。もちろん、輸入木材を使用している家具であっても、害虫駆除剤を注入してあれば、基本的に問題ありません。

しかし原料加工から組み立てまで海外で一貫して行われている場合には、日本国内での害虫チェック機能が及びにくい要素があるのです。収納家具情報の中で、もしも海外原料の材木を使用しているという場合は、害虫駆除剤の有無を調べてみるのも良いでしょう。害虫駆除剤は、害虫に対する効果は強いものの、駆除剤の薬剤成分は揮発してしまうため、いわゆる化学性接着剤の揮発性とは異なるため、健康被害という観点から見ると、それほど深刻に考えなくても良い葉愛も少なくないのです。しかし、化学薬品を吸着させていない家具商品が欲しいという場合には、日本で生育された天然無垢材を使用した原料にこだわったほうが、情報の信頼性も、安全性のデータも、信頼度が高いと言えます。優れた天然無垢材は、生産者との連携も緊密なので、メーカーだけではなく生産者への問い合わせも可能な場合があります。ホームページでチェックできる事も多いので参考にすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)